電力設備関連

 

重機後方接近警報装置(JKS)

重機後方接近警報装置(JKS)
製品構成イメージ
JKS (Jyuki Kouhou Sekkin) のしくみ

①JKS本体(警報機)を重機に取付け、ICタグは作業員のヘルメットに取り付けます。

②本体からの警報エリアを設定します。

③作業員が警報エリアから退出すると警報は止まります。

  • 主電源はシガライターにて重機より供給
  • JKS本体(警報機)の警報はボタンにより停止可能
  • ICタグはJKS本体に自動認識されるので、増設時も登録は不要
  • 外付けランプ(オプション)を警報機に接続することで、騒音の中でも危険を確認可能
定格・仕様
JKS本体(警報機)
使用周波数 300MHz帯 微弱電波
変調方式 FSK変調方式
通信距離 約10m ( 設置環境により変動あり )
認識人数 複数可能(1セット/5人標準)
定格電圧 DC 12V/24V
質量 約 2.5kg
外形寸法 230×165×50mm ( 突起部含まず )
使用環境 -10℃ ~ +50℃
ICタグ
使用周波数 300MHz帯 微弱電波
ID送信間隔 約 0.2秒
取付位置 ヘルメット
電池寿命 約 2か月
電池 ボタン電池 ( CR2450 )
質量 約 25g
外形寸法 40×60×10mm
使用環境 -10℃ ~ +50℃

お問い合わせ

一般企業のお客さま

産業ソリューション営業部
産業グループ
092-482-4702

自治体のお客さま

産業ソリューション営業部
公共グループ
092-482-4809

電力関連企業のお客さま

電力ソリューション営業部
電力グループ
092-482-4703
   

ニシム電子工業株式会社

English